プレスリリース

プレスリリース
2021.6.24
一般社団法人国際予防医学協会は、21世紀の新しい農業の形を作るための「Preventive Agriculture検定」を2021年6月24日リリースしたことをお知らせします。

一般社団法人国際予防医学協会(東京都渋谷区神宮前5-50-5 青山NSビル3階:以下、当協会)は、これからの新しい農業の形を作るための「Preventive Agriculture(プリべンティブアグリカルチャー)検定」をリリースしました。

現在の社会問題である2050 年問題、食料自給率の低下、健康寿命問題、環境汚染などを解決するためにも、医学博士である白澤卓二氏と白澤卓二氏推奨のファーマー土屋卓氏がタッグを組み、誕生した21世紀の新しい農業の形を作るために学習する検定です。

■「Preventive Agriculture検定」とは

当検定は、「オーガニックではなく、ケミカルフリーを日本のスタンダードにする。」をモットーにしております。

「学ぶ」「育てる」「食べる」「遊ぶ」「売る」

ただ学んで終わりではなく、5つの体験をする事ができる。

農薬も化学肥料も使わない次世代の農法「ケミカルフリー農法」を正しく理解した上で、それを実践し、資格の範囲内で指導ができる『サスティナブルアグリコーチ』になり農業アドバイザーとして活動できるために学習する検定になります。

『サスティナブルアグリコーチ』になれば、あなたの家族や周囲の人々に本当に健康な野菜を届け、農薬まみれの日本を救える存在になるのです。

 

■「Preventive Agriculture検定」の特徴

当検定は、累計500万部を超えるベストセラー作家である医学博士の白澤卓二氏と白澤卓二氏推奨のファーマー土屋卓氏がタッグを組んだ、ここでしか受けることができない最新の予防農学検定です。

白澤卓二氏が、研究・分析してきた科学的エビデンスに基づく農学を、土屋卓氏ケミカルフリー農法の実践指導をしていただけます。

土屋卓氏が家庭菜園でも実践可能な農法として教えてくれますので、初めての人でも、日本のスタンダードになるケミカルフリー農法を簡単に種畜できるようになります。

さらに、当検定ではSDGs実現のために必要不可欠な社会貢献度の強い職業、サスティナブルアグリコーチを輩出し、新しい日本の農業の形を確立させる。サスティナブルアグリコーチとしての活動の大きな武器となります。

■より詳しい検定概要や受講方法について

zoomセミナーを開催しております。
詳細については、以下概要からご確認ください。
日時:7月1日より開催
所要時間:約2時00分
参加費:期間限定無料

お申し込みはこちら

■申込から受講までの流れ

1.申込後、登録メールアドレスに届く詳細メールが届く
2.セミナー当日、上記メールよりzoomの入室リンクをクリック
3.セミナー受講

 

【一般社団法人国際予防医学協会 協会概要】

一般社団法人国際予防医学協会
理事長 白澤卓二
東京都渋谷区神宮前5-50-5 青山NSビル3階

【株式会社IMK 会社概要】

株式会社IMK
代表取締役 小林亮太
東京都渋谷区神宮前5-50-5 青山NSビル3階
HP:https://www.imk-holdings.co.jp/
電話:03-6262-9580

【お問合せ】

電話:03-6262-9533
広報連絡先:一般社団法人国際予防医学協会 事務局長 杉村実